>  > プニュプニュの唇

プニュプニュの唇

ホテルに到着して部屋に入って待っていると、ホテヘル嬢が到着です。ホテヘル嬢はすぐに私にキスしてきたのですが、すごく柔らかい唇なので興奮しちゃいます。プニュプニュの唇を吸ったり舐めたりしていると嬢が私のチンポを扱いてきたんです。扱かれてしまうと私はすぐにイッてしまいそうになりました。このままではマジで開始3分でイッてしまいそうだったので、一旦お風呂に入ることにしました。お風呂に先に入って湯船に浸かっていると、嬢も向かい合わせになるようにして湯船に浸かります。そして私のチンポをすぐに握ってきました。一旦落ち着いていたのにすぐに私のチンポは復活です。そしてなにより嬢のきれいな形のオッパイを見ているとそれだけで勃起しそうだったので、もう握られてしまうと悶絶必死です。優しくなのですが絶妙のソフトタッチなので亀頭はかなり敏感に感じてしまいます。そして我慢汁ドロドロの亀頭を扱かれてしまうと死にそうでした。せっかくさっき我慢したのに、今度は我慢できずフィニッシュを迎えました。

[ 2015-09-19 ]

カテゴリ: ホテヘル体験談